手ぬぐいのある生活

2017-10-11-14.46.48

新作手ぬぐい「かのちゃ」ができるまで

お茶とみかん、桜をミルフィーユみたいにしたデザインの手ぬぐいを作りました。 久しぶりのご当地(静岡)手ぬぐいですね。 静岡=お茶とみかんは全国共通イメージでしょうか? 伊豆は桜が有名で、和菓子に使う桜葉の塩漬けは、ほぼ100%伊豆産なんですよ。 この手ぬぐいは、静岡県藤枝市の老舗のお茶屋さん「松田商店」(真茶園)の新商品「かのちゃ」のパッケージのために作られたものなのです。 静岡緑茶と静岡産のドラ…

使い切り

遠州綿紬、一反無駄なく使い尽くし

こんにちは、小幅木綿広め隊(こういうのをカタカナでかっこよく言うとなんですか?)です。 あ、小幅というのは、広幅に対して狭い幅の生地のことで、大体34〜40cmくらい、 手ぬぐいとか浴衣とか木綿の着物とかに使われています。 というか、昔の日本の布の幅です。 浜松のぬくもり工房の遠州綿紬を使い始めて幾年月。 最近縁あってぬくもり工房さんに伺い、お話することができたことを記念して、 私の小幅の綿の織物…

head01

【手ぬぐい事業部、ブランド化】tenue d’IZU立ち上げのお知らせ

どうもどうも、4月も後半、手ぬぐいの季節がきますよ! このたび、かねてより私の頭の中だけで考えていた、手ぬぐいを中心とした布関係のグッズ作りやワークショップ、活用法の提案などに名前をつけることにしました。 tenue d’IZU(テヌディズ)と言います。 tenue は、フランス語で布の意味を持つので、「tenue d’IZU」で「伊豆の布」的な感じです。たぶんね! 前にア…

2016

2016年てぬ活総括、妊娠出産編

2016年もそろそろ終わりです。 今年は、1年のほとんどが妊娠→出産期間だったため、遠出も出来ず、家の中で過ごすことが多かったです。 そのため、手ぬぐい及び小幅木綿でいろいろ作ったり、使い方を考えたりといったことが出来て良かったです。 オリジナル手ぬぐいは3種類作りましたが(ブックカバー、アタミカル、透かし鐔)、浜松・大阪・東京と、全部違う手ぬぐい屋さんに頼みましたね。 透かし鐔手ぬぐい、反物で納…

7/9は手ぬぐいマーケット(てぬケット)&新刊ができました!

こんにちは。
すっかり手ぬぐいシーズン(当社比)ですね。

直前のお知らせですが、7月9日に東京で開催される「手ぬぐいマーケット(てぬケット)」に出展します。
このイベントは、オリジナル手ぬぐいを作っている人たち(プロアマ問わず)がブースを出して、
自分の手ぬぐいを売るイベントです。
普段なかなか目にすることがない、個人作家さんの手ぬぐいが集まるとあって、
手ぬぐいファン垂涎のイベントになっています。
主催の黒猫舎さん、本当にありがとうございます!

↓私のブースのアイテムリスト↓

てぬケット2016

私は、これまで作った手ぬぐいと、手ぬぐいの冊子「tenu」と、新しい手ぬぐいの本を持って行きます。
IMG_0571

IMG_0572

 

 

『手ぬぐい歳時記』というタイトルで、昨年度、月に1回一年間新聞連載していたものをまとめました。
季節ごとの手ぬぐいの使い方いろいろをまとめた32ページの冊子です。
手ぬぐいの使い方がわからない方、手ぬぐいの便利さを周りに広めたい方などに向けて書きました。
手ぬぐいと一緒にプレゼントするのもいいのではないでしょうか?

てぬケットが終わったら、通販に出す予定です。

それと、手ぬぐい原寸大の紙「手ぬぐい原稿用紙」も作りました。

オリジナル手ぬぐいを作るときは、原寸大の下絵を作る必要があるのですが、なかなかそんな大きさの紙は存在せず、コピー用紙をつなげるなどしていたのです…。
手描き派はもちろんのこと、パソコン派の方も、モチーフの散らし具合を原寸で確認したりと、いろいろと使っていただければと思います。

こちらはまだ納品されてないので、出来上がったらまた通販に出します〜。(てぬケットには持って行きます)

まあそんな感じで、オリジナル手ぬぐいを自分で作るだけではなく、作る楽しさ、使う楽しさを広める活動を、今後も強化したいと思っております。

第2回手ぬぐいマーケット

IMG_4098
開催日 2016年7月9日(土)
時間 11時〜17時
会場 sooo dramatic!
東京メトロ日比谷線入谷駅1.2番出口から徒歩1分
JR山手線鴬谷駅から徒歩6分
各線上野駅入谷口から徒歩12分
入場無料