手ぬぐいのある生活

小幅木綿で作る服2016

IMG_3891IMG_4003IMG_4026IMG_4060IMG_4064

去年も書きましたが、小幅木綿で服を作るのにはまっています。
小幅木綿というのは、手ぬぐいとか、浴衣とかに使う、幅33cm〜40cmくらいの、反物の幅の木綿の布のことです。

息子が1歳だった一昨年から、手ぬぐいでズボンを作っていたのですが、成長に合わせて今年は手ぬぐいよりも少し幅の広い小幅木綿を探して、カット売りしてもらってズボンを作りました。

使ったのは、浜松の遠州綿紬。
ぬくもり工房というネットショップで1mから買うことができます。
ズボンを作るには90cmあればいいのですが、こちら、メーター500円代からで、手ぬぐい1枚の半額くらい。
それでいて、織物なので手ぬぐいよりもしっかりした出来上がりになって、これはよい!となりました。
作り方は手ぬぐいのズボンと同じなので、ぜひお試しください。
うちの子は今3歳94cmくらいです。

遠州綿紬といえば、浜松の喜多屋商店さんが、この生地に注染を施した手ぬぐいを作っていらっしゃいました。
織りと染めの共演!素敵ですね〜。
喜多屋商店さんの手ぬぐいも、ぬくもり工房で購入できます。
(この手ぬぐいは今のところ通販はしていないようです)

遠州綿紬×注染 喜多屋商店 レインボー

遠州綿紬×注染 喜多屋商店 紫

遠州綿紬×注染 青 喜多屋商店

そして、今年はズボンだけではなくシャツにも挑戦。
作り方は、私が着ている、小幅木綿を横につなぎ合わせただけのシャツと同じように作るのが一番良いことが試行錯誤でわかりました。
子供の場合は、小幅木綿を縦半分に切ってから縫い合わせます。

幅38cmくらいの布であれば3歳でも着れるのですが、34cmくらいの手ぬぐいだとちょっときつきつなので、間に別の布を入れて幅を広くするのにも挑戦してみました。
(最後の2つ)
これはこれでまあいいかな、という感じです。
布合わせが楽しいですね。
このやり方なら、来年も着れるんじゃないかなと勝手に思っています。
涼しそうでいいですよ。

服にする手ぬぐいは、計り売りをしてくれる、これまた浜松のIKSで買うことが多いです。
地元の企業は応援したいですし!
ズボンは半分のサイズで、違う柄を組み合わせるのも楽しいので、あひろ屋さんで時々販売される「はぎれセット」を使うこともあります。
洋布みたいに、もっと計り売りしてくれたり、無地の小幅木綿を反物で扱ってくれるところが増えると嬉しいんだけどな。

そんなこんなで、今度手ぬぐいズボンのワークショップを富士市でやらせていただくことになりました。
hibiki
詳しくは、画像をクリックしたリンク先をご覧ください。
8/7(日)11:00-12:00の開催です。
お子様連れでも大丈夫ですよ!

スタジオ・ワットのオリジナル手ぬぐい制作事例紹介

watt

 

大阪の手ぬぐいとか制作会社「スタジオ・ワット」さんの、オリジナル手ぬぐい制作事例ページに、「秋の熱海2015」と「冬の熱海2016」を掲載していただきました。

私は自作の型紙を送りつけて「You、好きなようにやっちゃってよ!」と無茶振りをしてますが、個人クリエーターに優しいワットさんでは、イラストレーターやフォトショップはもちろん、「こんな手ぬぐいが作りたいんだー!」ということを伝えられれば、手描き原稿、エクセル原稿、消しゴムハンコ押した紙、切り貼り、なんでも相談に乗ってくださいます。

ワットさんのいいところは、熟練の手ぬぐいデザイナーさんが対応してくださるので、こちらでは思いつかない(できるのかよく分からない)ような注染ならではの表現を提案してくださるところです。

私の他にもいろいろな方のオリジナル手ぬぐいが紹介されています!

(そしてそのほとんどがイラストレーターでもデザイナーでもなく、ただの手ぬぐいマニア…)

紹介されている手ぬぐいは、下記のオンラインショップからご購入いただけます。

よかったら見てください!

小幅木綿で作る服

毎日暑いですね。 暑すぎるので、ここ数年夏の着るものの基準が 涼しい>おしゃれ に変わってきました。 この夏は特に、手ぬぐい生地や小幅の生地で簡単に作れる服を作って、毎日そればっかり着ています。 NHKのあさイチで着ていたのは、SOU・SOUの生地を120cm×2種類買って作りました。 これです。 最近のお気に入りは、左上の紺色のやつです。 パジャマには一番右の緑と縞のを着ています。 こうしてハン…

2015

夏のお知らせなど(手ぬぐい)

ぼおっとしていたらもう6月も終わりに近づき、いよいよ手ぬぐいシーズンの到来です。 ここ数年、手ぬぐいの種類や数だけでなく、それを取り巻くいろんな立場の皆さんの様々な活動が各地で行われるようになって、手ぬぐい界も楽しいですね! 今年は自分のイベントは控え目で、そんな色々な手ぬぐい縁の皆様のところにちょっとずつお邪魔していきます。 イベント以外にも新聞で連載を始めたり、取材を受けたりしましたので、まと…

image

【郷土菓子研究社】「和を包む:手ぬぐい旅プロジェクト」に協力します

世界を旅しながら各地の「郷土菓子」を紹介し、日本の「郷土菓子」を作って伝える活動をされている、郷土菓子研究社の林周作さん。 このたび、crazy textileの内藤早苗さんの働きかけにより、3月30日から始まるインドネシアから上海の自転車旅に14組の手ぬぐいクリエイター、手ぬぐいメーカーの手ぬぐいが同行することになりました。 現地の方への御礼に、和菓子を作り手ぬぐいで包んで差し上げることで、日本…