手ぬぐいのある生活

ブックカバーづくり

明日は久々のお休みで、電車で旅をすることにしましたので、 車内で読む本にブックカバーをつけてみました。 新書サイズの カバーがなかったので、手ぬぐい1枚の半分で手作りです。 手作りと言っても、本の幅に合わせて折って、 見返しのところを表と裏各二カ所ヘアピンで止めただけです。 針と糸を使わないし、好きな手ぬぐいで簡単にできますよ。 1枚そのままなら、かなり厚い文芸書なども包めます。 なぜこの手ぬぐい…

手ぬぐいの値段

大手サイトに紹介されるってすごいなあ…。 アクセス数がその前の10倍だよ…。 「いめ」のコメントしかなくて寂しい状態だったのに、 コメント&トラックバックもいただいて(アリガトウゴザイマス) 今日は、手ぬぐいの値段の話。 ここで紹介している手ぬぐいは、雑貨的な付加価値が加わっているものがほとんどなので、1枚700円~2,000円くらいです。(染める回数が多いほど高い。ブランド物ほど高い) 自分のと…

手ぬぐいの手入れ

私はこうやっています、ということですが。 基本的に、「ハンカチ」的な使い方をしています。 手を拭いたり、作業のときは首にかけたり、物を包んだり。 手ぬぐいの最大の特徴は、「すぐ乾く」ことです。 なので、汚れたらガンガン水洗いします。 そしてパンパンと数回叩いて、夏ならそこらに干しておけば、 ものの数分で乾きます。 乾かなくても、堅く絞ればOKです。 旅行のときはお風呂で身体を拭くのにも使えます。 …

手ぬぐい屋リンク集

紹介したお店のリンク集です。 ■かまわぬ…記事 ■永楽屋…記事 ■RAAK…記事 ■UMIの「そら」…記事 ■梨園染 戸田屋商店…記事1 2 ■東京国立博物館ミュージアムショップ…記事1 2 3 ■あひろ屋…記事 ■くるみ屋…記事 ■京のてんてん…記事 2 ■凧人…記事12 ■ふじ屋…記事 ■ヤギセイ soi…記事12 ■宮本株式会社 気音間…記事1 2 ■雪花SEKKA…記事 ■こっさ。…記事 …

はじめに:手ぬぐいと私

というわけで、これから自分の持っている手ぬぐいについて語っていきます。 コレクションを自分の中で整理するためでもあります。 ここ数年の手ぬぐいブームにがっちりハマっていますので。 まずは、私の考える手ぬぐいのジャンル分けから ■手ぬぐい専門店 老舗から新しいお店まで。 図案、染め、販売までを自分のところでやっているお店。 ■作家物 (主にグラフィック)デザイナーやイラストレーターなどがデザインした…