手ぬぐい紹介

緑沼と藻沼

緑沼

てぬログのユミさんが作られた「沼手ぬぐい」の緑バージョンです。
沼てぬぐい(=沼てぬ)は、ユミさんが大好きなものを、大好きな手ぬぐいで表現したそうです。以前に青バージョンを作られてましたが、好きな緑で再度作られたとのこと。
手ぬぐいは型紙があるので、色を変えるのが簡単なんですよねー。
とは言うものの、この「緑沼」が完成するまでにはものすごい苦労があったそうです。
緑というのは注染では難しい色なんだそうですが、理想の色がなかなか出なくて、何度か染め直してもらったそうです!!

藻沼

こちらが、なんだか違う色になっちゃった方。
「絶望の藻沼」と呼ばれています(笑)
こうやって比べると、微妙な違いのようで、結構印象が違います。
注染は一発勝負で、印刷みたいに色校正も出来ないので、こういうことはわりとあるのだそうです。
緑沼はさわやかな季節に、藻沼は寒くなるこれからにいいかも~。
ユミさん、ありがとうございます!!
ユミさんは、これに懲りずにまたオリジナル手ぬぐいを作ってますよ。
詳しくはブログへGO
早くしないと売り切れちゃうよ!

zucuの手ぬぐい

zucu しかく 水色×薄紫 zucu まめとふち 紺 zucu ダイヤ アクア zucuほそかわ
シンプルかわいいこの手ぬぐいたちは、zucuの手ぬぐいです。
去年の秋から手ぬぐい作家として活動をはじめられた方(手拭実染塾出身!)なのですが、この夏手ぬぐいファンの間で大流行しました!
使いやすい抽象柄に、注染の特徴を生かした染め。
きれいな色がとっても素敵。
(私が買ったのが青緑系ばっかりなのは、ただの趣味ですが、ラインナップもさわやかな色が多いです)
柄の名前は、上から
しかく
まめとふち
ダイヤ
ほそかわ
シンプル!
バスケットに掛けて、ピクニックに行きたくなります。

zucuの手ぬぐいもごてんばアートクラフトフェアで購入しました。

浜松注染2 喜多屋商店

ごてんばアートクラフトフェアで出会った浜松注染の作家さんその2は、喜多屋商店さんです。 実は、アートクラフトフェアの少し前に、左のみかんを浜松の和布を通信販売している ぬくもり工房さんで購入していたので、「あっ!こんなところで!」でした。 染めてらっしゃる作家さんにお会いできて嬉しく。 会場では、右の宝づくしを購入しました。 こちら、生地が普通の晒ではありません。 「しぼ」のある紬のような織物にな…

浜松注染その1 ALNICO INDIGO

先日行われた、ごてんばアートクラフトフェアに行って、手ぬぐいを買ってきました! 静岡県内での開催とあって、浜松注染の職人さんが、自分のレーベルで作っている手ぬぐいが3店舗(多分)出店していました。 そのうちのひとつ、ALNICO INDIGO(アルニコインディゴ)さんの手ぬぐいです。 ブロックと魚、どちらも男の子の洋服の柄みたいでかわいいなー。 というのはやはり、息子さんの影響?↓ 魚の手ぬぐいは…

富岡製糸場手ぬぐい作っちゃいました!

本日(9/19)は中秋の名月ですね。 tenuの2号にも書きましたが、今年は満月です。 (満月じゃない年の方が多いです) 私の住んでいる地域は天気もよさそう。 台風が秋を運んでくれて、最近心地よい陽気ですね。 写真の手ぬぐいは、群馬県の富岡製糸場手ぬぐいです。 地元の切り絵作家の上野保子さんがデザインされて、地元の中村染工場さんが染められた、純群馬産注染手ぬぐいです。 実はこの手ぬぐい、上野保子さ…