手ぬぐいのススメ

浜松注染2 喜多屋商店

ごてんばアートクラフトフェアで出会った浜松注染の作家さんその2は、喜多屋商店さんです。 実は、アートクラフトフェアの少し前に、左のみかんを浜松の和布を通信販売している ぬくもり工房さんで購入していたので、「あっ!こんなところで!」でした。 染めてらっしゃる作家さんにお会いできて嬉しく。 会場では、右の宝づくしを購入しました。 こちら、生地が普通の晒ではありません。 「しぼ」のある紬のような織物にな…

浜松注染その1 ALNICO INDIGO

先日行われた、ごてんばアートクラフトフェアに行って、手ぬぐいを買ってきました! 静岡県内での開催とあって、浜松注染の職人さんが、自分のレーベルで作っている手ぬぐいが3店舗(多分)出店していました。 そのうちのひとつ、ALNICO INDIGO(アルニコインディゴ)さんの手ぬぐいです。 ブロックと魚、どちらも男の子の洋服の柄みたいでかわいいなー。 というのはやはり、息子さんの影響?↓ 魚の手ぬぐいは…

富岡製糸場手ぬぐい作っちゃいました!

本日(9/19)は中秋の名月ですね。 tenuの2号にも書きましたが、今年は満月です。 (満月じゃない年の方が多いです) 私の住んでいる地域は天気もよさそう。 台風が秋を運んでくれて、最近心地よい陽気ですね。 写真の手ぬぐいは、群馬県の富岡製糸場手ぬぐいです。 地元の切り絵作家の上野保子さんがデザインされて、地元の中村染工場さんが染められた、純群馬産注染手ぬぐいです。 実はこの手ぬぐい、上野保子さ…

三島の手ぬぐい、三嶋柄

我が街、静岡県三島市のオリジナル手ぬぐい「三嶋柄」です。 三島商工会議所が販売しています。 3色あります。 せっかくなので、全部買ってきました。1枚500円。 お手頃価格! 「三嶋柄」については、こちらをご覧ください。 ざっくり言うと、三島でその昔、暦を作ってたんですよ。 かつて(江戸時代初期)は、江戸幕府でも使っていたくらい、広い範囲で使われていました。 で、陶器に「三島手」と呼ばれるものがある…

高円寺書林 手ぬぐい展終わりました!

  もはや懐かしい写真、初日のトーク。 左はにじゆらの矢地さん、右は星燈社の山本さん。 左に見切れてるまり木綿シャツの姉さんは「てぬログ」のユミさん、 正面の窓に映り込んでるのは私…。 8月4日より開催しました高円寺書林での手ぬぐい展、 9月1日をもって無事終了いたしました。 ご来場いただいた皆様、ありがとうございました! ここでtenuや私の手ぬぐいを買ってくださった皆様にも御礼申し上…