手ぬぐいのススメ

「熱海の手ぬぐい」と「熱海に手ぬぐい」

今日で2月も終わりです。 段々と春らしい日が増え、私の住む伊豆では、梅や河津桜が見頃です。 この手ぬぐいは、熱海のMOA美術館で購入しました。 光琳堂という帯がついていました。 MOA美術館では、3月3日まで「光琳アート」と題した、尾形光琳とその影響を現代美術まで追う展覧会が開催中です。 MOA美術館が所蔵する《紅白梅図屏風》と根津美術館が所蔵する《燕子花図屏風》(いずれも国宝)が一堂に会する貴重…

book1

『手ぬぐいクリエイター』という本が出ました

長年「手拭実染塾」という、気軽に注染を体験できる講座を開講されている 東京和晒さんが発行された、『手ぬぐいを知る、作る、使う 手ぬぐいクリエイター』が届きました。 私も、実染塾の卒業生なので、少し協力させていただきました。 実際に手ぬぐいクリエイターとして活躍されている方のインタビューや、オリジナル手ぬぐいの作り方、手ぬぐいの使い方や手ぬぐい愛用者へのインタビュー、手ぬぐいの歴史にヴィンテージ手ぬ…

0012-1024x682

tenu vol.5刊行のお知らせ(販売開始します)

やっとできたーよ。 10月発行の予定が、3ヶ月伸びました。 内容は充実してますよ。 今号の特集は、日本で唯一、注染を正式に授業に取り入れている、女子美術大学デザイン工芸学科・工芸専攻を取材しています。フレッシュな女子大生と素敵な作品がたくさん登場するよ! その他、「手ぬぐいづかい」では、手ぬぐい沼にハマる人々の収納救世主を、 「手ぬぐいと人」では、新店舗をオープンされたばかりの手ぬぐい専門店「まま…

2015年もよろしくのおめでたづくし

おめでたづくし

 

2014年も残すところ7時間くらいとなりました。

今年のてぬ活は、大阪・星ヶ丘「まま・めぞん」での
夏の手ぬぐい旅物語をはじめ、
東京和晒さん主催の「手拭道」へのトーク参加、
地元でのワークショップなど、
「手ぬぐいのある生活部門」が充実してました。

中でもまま・めぞんのみちよさんは、
夏の企画展に全力投球していただいた後、
秋の企画展に新店舗のオープンと大活躍で
遠くで見守るだけでしたが、とても嬉しく思いました。

かまわぬの浅草店(これは昨年末でしたが)やにじゆらの東京進出、JIKAN STYLEのSEKKIシリーズなど、
手ぬぐいメーカーさんも意欲的にいろいろ仕掛けて来られて
ワクワクが多い年でした。

手ぬぐい作家さんとの出会いや交流も楽しかったです。

来年も引き続き、ゆるゆるとてぬ活を続けていく所存です〜。

まずはtenu vol.5ですね。

今年最後の手ぬぐいは、浜松注染・喜多屋商店の「おめでたづくし」です。

 

 

東京駅100周年!鉄道手ぬぐい

鉄道手ぬぐい

 

12月20日は東京駅開業100周年で、記念suicaが大変なことになりましたけど、こちらはエキュートの日本市で販売している遊中川の鉄道手ぬぐいです。

東京駅のリニューアルオープン以来、赤煉瓦の駅舎をモチーフにした手ぬぐいが様々発売されましたが、実は全然持ってませんでした(汗)。

この手ぬぐいは、夫が買ってきてくれましたの。

色合いがオレンジと緑で東海道線みたいで親近感があります。

新幹線や電車など、鉄道にまつわるモチーフが並んでいるので、鉄道好きの子供と眺めるのが楽しい手ぬぐいです。