手ぬぐいのススメ

豆絞りその2

前にも紹介した、手ぬぐいの柄の基本、「豆絞り」です。 日本民藝館で買いました。 いいね、これ。 手染めです!!って感じが。 ドットだけど不規則なぼかし具合。 藍の色。 布の端が染まっているところ。 かなり高い技術なのでは!

ブラックベア×手ぬぐい

有言実行。 ディック・ブルーナのブラックベアを、文具メーカーデルフォニックスが「ペーパーバックシリーズ」としてグッズ化しました。 その中のひとつ、手ぬぐい。(何故?) 紺と芥子色がありました。 紺の手ぬぐいはいろいろ持っているので、こっちをチョイス。 (これで1365円はちょっと高い) 作ったところは、かまわぬと予想。(晒がそれっぽいんですが、どうかな?) 広げたときよりも、折ったときがかわいいと…

ブックカバーづくり

明日は久々のお休みで、電車で旅をすることにしましたので、 車内で読む本にブックカバーをつけてみました。 新書サイズの カバーがなかったので、手ぬぐい1枚の半分で手作りです。 手作りと言っても、本の幅に合わせて折って、 見返しのところを表と裏各二カ所ヘアピンで止めただけです。 針と糸を使わないし、好きな手ぬぐいで簡単にできますよ。 1枚そのままなら、かなり厚い文芸書なども包めます。 なぜこの手ぬぐい…

アランジアロンゾ

今日の手ぬぐいは、愛・地球博の「モリゾー」「キッコロ」、セントレアの「なぞの旅人フー」などのキャラクターデザインで乗りに乗っているアランジアロンゾの手ぬぐいです。 手ぬぐい通販はこちら この魚だけ好きなんだよね、アランジアロンゾ。 もちろん注染ですよ。 通販の写真はアイロンかけろよって感じですが。

有名作家もの

お久しぶりです。 ようやく仕事が一段落しました。 今日の手ぬぐいは、人形作家の辻村寿三郎さんのデザインです。 着物のデザインでも有名な方ですね。 風呂敷・袱紗はここで買えるんだけど、手ぬぐいはどうでしょう? 私は展覧会の会場で買いました。 これ、かわいいんだけど、高かった…。 シンプルなのに…高かった。 これが作家の名前代かってくらい高かった…。