読書会チラシ案7-2-1

トークイベント:三島で気軽に楽しむ会をしたい|にわ企画

誰かと一緒に本を読むって、実はすごく楽しい!

一冊の本をネタに、集って話す。いろんな仕事やトシの人がテーブルを囲み、自分の思いを共有したり深めたりできる場を、読書会といいます。
自分の好きな本を自慢しあうビブリオバトルから、講師を招いて議論しあう会まで、そのやり方は様々。
東京など都市部では、交流や勉強を目的に、誰でも自由に発言できる場としての読書会が人気を集めています。
このイベントでは、三島市内を始め、静岡県、そして全国のスケールで読書会や本に関する催しを企画する4名のゲストをお招きします。
それぞれが提案する読書の楽しみ方を通じて、まだ見ぬ”読書体験の拡張”を体感できる場になれば幸いです。
古来、三島は伊豆の玄関口として数多くの文人・文豪を迎え入れてきました。現在の三島の文学や読書の実情はどうか? など「読書と地域」を問う機会にもなればと考えています。
内容:ゲストによる読書会の実演 及び本と読書会についてのトーク(計2時間予定)

ゲスト: 岸井大輔(劇作家) 佐野裕美(図書館司書) 西川泰功(ライター) 間宮緑(小説家)

日時:2014年12月6日(土) 時間:18:00-20:00(開場17:45)
会場:大岡信ことば館展示室 三島市文教町1丁目9-11 Z会文教町ビル http://kotobakan.jp/
参加費:1,500円(25歳以下は1,000円) ※大岡信ことば館入館料を含む 定員:40名(要予約)
主催:にわ企画 大岡信ことば館
後援:三島市教育委員会
申し込み・お問い合わせ 055-976-9160(大岡信ことば館)
niwakikaku@aderi.co(にわ企画/担当:住) Facebookイベントページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA