2016spring

2016年春のてぬ活予定

こんにちは。 年が明けたと思ったらもう2月後半です。 春からの手ぬぐいシーズンに向けて、いろいろと準備中です。 備忘録も兼ねてまとめておきます。   ●5/1第二十二回文学フリマ東京に出展します (ブースNo. ソー40) 文学をテーマにした展示即売会です。 まあ、持っていくのは手ぬぐいと手ぬぐいの本ですけどね! これに合わせて下記のものを制作予定です。 ・tenu vol.7(できる)…

nenga2016

2015年のまとめ&2016年について

2016年になりました。 今年は完全フリーランスとしてのスタートです。 この前私は明確な目標を作らないほうがいいな、って気付いたので、「今年の目標」などを明記しませんが、やりたいこと、やったほうがいいことをやります。 (やることリストはいっぱいになってます) ご縁のある皆様、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。 (今年は年賀状を多めに出したので、お返事については気にしないでください) 2015年を…

スタジオ・ワットのオリジナル手ぬぐい制作事例紹介

watt

 

大阪の手ぬぐいとか制作会社「スタジオ・ワット」さんの、オリジナル手ぬぐい制作事例ページに、「秋の熱海2015」と「冬の熱海2016」を掲載していただきました。

私は自作の型紙を送りつけて「You、好きなようにやっちゃってよ!」と無茶振りをしてますが、個人クリエーターに優しいワットさんでは、イラストレーターやフォトショップはもちろん、「こんな手ぬぐいが作りたいんだー!」ということを伝えられれば、手描き原稿、エクセル原稿、消しゴムハンコ押した紙、切り貼り、なんでも相談に乗ってくださいます。

ワットさんのいいところは、熟練の手ぬぐいデザイナーさんが対応してくださるので、こちらでは思いつかない(できるのかよく分からない)ような注染ならではの表現を提案してくださるところです。

私の他にもいろいろな方のオリジナル手ぬぐいが紹介されています!

(そしてそのほとんどがイラストレーターでもデザイナーでもなく、ただの手ぬぐいマニア…)

紹介されている手ぬぐいは、下記のオンラインショップからご購入いただけます。

よかったら見てください!

美しい夜景の表現(紺屋乃加藤)

久々に、普通に手ぬぐい紹介です。 浜松の注染職人&作家の紺屋乃加藤さんの手ぬぐいです。 夏に伺った大阪のまま・めぞんのみちよさんが「見てこれ!」と興奮気味に紹介してくれた手ぬぐいです。 暮れゆく空の色、ぼんやり浮かぶ三日月、街の明かり、 すべてが詩的で美しい手ぬぐいです。 どうやって染めているのかわかりません! この冬のリビング展示手ぬぐいにしました。 総理のざっくりした生地感も好き。 (あえて特…

IMG_3001

てぬケットに参加しました

11/7(土)に東京で開催された、「手ぬぐいマーケット(てぬケット)」に出展しました。 このイベントは、手ぬぐいコレクターで、オリジナル手ぬぐいも多数作っている黒猫舎さんが主催してくださった、個人でオリジナル手ぬぐいを作っている人たちが集まった販売会です。 作り手が自ら売る、展示即売会で、手ぬぐいってテーマで行われるのは初めての試み。 私もこんな感じで、自分の手ぬぐいや、でき上がったばかりのten…