tenu

手ぬぐい(型染め)ワークショップ

去年、大阪のまま・めぞんで、鴨川志野さんのワークショップに参加し、

自分でもやってみたい!と今年の初めから準備していた、手ぬぐいづくりのワークショップ。

先日初めて三島で開催しました。

IMG_3280

「抜染(ばっせん)」という技法で、あらかじめ染めた手ぬぐいに、

色が抜ける成分の入った糊を載せて染め抜きます。

私、むかーしこれをやろうと思って材料だけ買ってあったんだよね…。

この手ぬぐいは私の試作品です。

 

IMG_3606

ワークショップ会場は、三島のオルタナティブスペース「CRY IN PUBLIC」です。

「初めてなんで成功するかわかんないけど…」という私の無責任な呼びかけにもかかわらず、

3人来てくださいました。わーい。

(ちょうど道具も3人分しかなかったからよかった)

作業工程はこんな感じ。

  1. 好きな図案の型紙を彫る(切り絵みたいな作業です)
  2. 型紙に紗を貼る
  3. 手ぬぐいに糊置きをする
  4. 乾かす
  5. アイロンをかける、と色が抜ける!
  6. 洗って乾かして完成

IMG_3607

糊置きをしているところ。

1枚の型紙で、方向や位置を変えて手ぬぐいの上に配置していきます。

IMG_3608

CRY IN PUBLICのロゴ手ぬぐいを作っているところ。

糊置きは、自分の根気との戦いです。

IMG_3609

こちらもロゴてぬ。

たくさん散らすとかわいい!

IMG_3611

糊が乾いたら、アイロンをかけます。

すると不思議!糊のところが白くなります!

IMG_3613

写真の右側はアイロン前、左の白くなっているところはアイロン後。

IMG_3614

最後に糊を水洗いして乾かしたらできあがりです。

1回やるとはまってしまうのが、型染めの魅力!

1回やって自信がついたので、またどこかでできたらなあと思っています。

興味ある方、ぜひご連絡ください〜。

カッターを使うことができれば、小学生でもできますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA