手ぬぐいのススメ

乙女座★☆

JIKAN STYLE星座シリーズより、乙女座です。 8月10日のお茶会で、JIKANのデザイナー、森野さんが教えてくれたのですが 星座シリーズは、1種を除き型紙を2枚使う細川染で、その型は「写真製版」という方法をとっているそうです。 伝統的な、柿渋を縫った和紙を職人が手彫りする方法よりは、コストが安く済むそうです。 苦手な表現もあるみたいですけれど。 ちょっと、線画が印刷物を拡大したみたいな仕上…

「あまちゃん」における手ぬぐいの使われ方について

 今日はちょっと趣向を変えて、朝ドラの話です。 4月から放映している連続テレビ小説「あまちゃん」、大好きです! このドラマでは、手ぬぐいが非常にたくさん映り、重要な役割を果たしています。 手ぬぐい好きとしては放っておけません! という訳で、だれがどんな場面で手ぬぐいを使っているか、まとめてみました。 第2週 4月8日(月)~4月13日(土)「おら、東京さ帰りたくねぇ」より まずは何と言っ…

お財布手ぬぐい

高円寺の手ぬぐい展で購入しました。 細かな柄ですが、意味有りげな余白。 この手ぬぐい、実は、「手ぬぐいで作る財布」用にデザインされています。 折るとこうなります。 広げたところ。 お金が入るポケットが、内側2カ所、外側1カ所あります。 この財布を開発したのは、東京の村井染工場の村井米扶さん。 (tenu vol.2で取材に行きました) そして、子の財布手ぬぐいは、村井染工場にお勤めの方を含む女性3…

高円寺手ぬぐいお茶会★

いやー、昨日は暑かったですねー。。 できれば外出したくない陽気の中、高円寺書林の手ぬぐいお茶会に 来てくださった皆様、ありがとうございました! トークのゲストは写真の左から、 プレイオンワーズの原田史子さん 東京和晒創造館/女子美術大学の内藤早苗さん JIKAN STYLEの森野哲郎さんです。 注染はまだしも、抜染とか細川とかクレアとか、 専門用語の飛び交うディープな話になりました。 原田さんから…