手ぬぐいのススメ

注染について、より深く

この前からつらつらと書いている「注染」と「捺染」。 これを機にちょっと勉強しています。 で、見つけたのがこのサイト。 ■てぬぐい処 小梅屋 私なんか足下にも及ばぬコレクターさん発見!! てか、戸田屋商店に勤めている方らしい。 ということで、 ●うんちくの項目はとても参考になりました。 特に、手ぬぐいの種類。 差分け染めとか、はまり細川染めとかかなり、ふむふむ、です。 あ、同じ手ぬぐい(かまわぬの蛙…

季節もの:カエル

梅雨らしからぬ天気が続いておりますが (でも今日午前中雨降った) 梅雨と言えばカエルということで、カエル手ぬぐい。 私は手ぬぐいコレクターであると同時に蛙グッズコレクターでもあります。 本物も好きですよ。ぬるっとしたきれいな黄緑がいいですね。 上は友達にもらったもの。 アウトドアショップで買ったそうです。 「DUDE」というサインが入ってますが、どこのものか不明。 真ん中のでかい蛙が好きです。 下…

RAAK取材

以前紹介した、京都の永楽屋の最近できた若者向け手ぬぐいブランド、【RAAK】に行ってきました。 京都に気軽に行けるところに住んでいるわけではないのですが…別の用事のついでです。 これは裏口です。 三条の一本南側、姉小路通り、烏丸御池より少し西に行ったところにあります。 ここの手ぬぐい、サイトで見てとてもかわいくって、 しかも柄がすごく細かくて、これで注染だったらすごいなあと思ってましたが、 違った…

手ぬぐいの値段

大手サイトに紹介されるってすごいなあ…。 アクセス数がその前の10倍だよ…。 「いめ」のコメントしかなくて寂しい状態だったのに、 コメント&トラックバックもいただいて(アリガトウゴザイマス) 今日は、手ぬぐいの値段の話。 ここで紹介している手ぬぐいは、雑貨的な付加価値が加わっているものがほとんどなので、1枚700円~2,000円くらいです。(染める回数が多いほど高い。ブランド物ほど高い) 自分のと…

時事ネタ及びプリントと注染

これはいわゆるひとつの愛・地球博グッズです。 最近は、キャラクター商品の一部として手ぬぐいが採用されることが増えてきました。 少量(1枚~)から作れますからね。 手ぬぐいの柄のつけ方には、伝統的な注染とプリント(シルクスクリーンが多い)があることは前にもお話ししましたが、 こういった大量生産されるような手ぬぐいは、プリントであることが多いです。 プリントと注染の違いは、「裏まで染めがしみているか」…