手ぬぐいのススメ

ふと見つけた小さな会社の素敵な手ぬぐい

京都に行ってきました。 錦通をぷらぷら歩いていたら、なんてことない小さな雑貨屋で、 見たことのない手ぬぐい発見。 何を意味しているのかよくわからないところに惹かれました。 「京西陣離楽庵」て書いてある。 調べてみると、最近流行の町家(というかここは銭湯)改造カフェとか雑貨屋らしい。 参照 販売元 ここで買えます …なんか調べていて不可思議な点を発見したが、気づかなかったことにしよう。 私が買ったの…

注染研究

これも京都みやげです。 秋らしくトンボ柄。 紺地に白くトンボが抜かれていて、時々赤トンボがいます。 で、この赤トンボですが、 こんな風に染められています。 結構広めに赤い染料がついてます。 今までこういう染め方をしているのは見たことありませんでした。 結構ギリギリできっちり染め分けられているものばかりだった気がする。 「版ズレしにくい」というのが注染の利点(というかそもそも版ではない)だと思ってい…

EIRAKUYAのブランド力

京都のお土産で手ぬぐいを頂きました。 ことあるごとに「手ぬぐいを集めている」と言い出してから、 いっぱい頂くようになりました。 ありがとうございます。 (「あいつには手ぬぐいあげときゃーいい」と思われているのかもしれないが) 上はRAAKの「線香花火」、 下は永楽屋の「鯉」です。 鯉は前から狙っていたので嬉しかった! ところで、永楽屋さん、最近の新作は捺染なんですね。 これも両方とも捺染です。ぱき…

濱文様

横浜の捺染の手ぬぐい(だけではない)メーカー濱文様。 関東にお住まいの方は、かまわぬ、梨園染と並んで目にするポピュラーな手ぬぐいです。 ありすやさんで通販できます。 ここのは、とにかくかわいい。 乙女のツボをつきまくりです。 普通の植物柄も小紋も、ちょっとくずしてあって、とても女の子らしいです。 ただ、注染ではないので、普通のハンカチと似た感触です。 この手ぬぐいは「足袋」の柄です。 足袋!

魯山人手ぬぐい(世田谷美術館)

区立(第3セクターだけどさ)と思えぬ設備、幅広い収蔵品、地元作家を大切に、先鋭的な企画、 オリジナルグッズも豊富な世田谷美術館の魯山人手ぬぐいです。 収蔵品に北大路魯山人の作品がまとまってあるのね。 美術館なんだから、このくらいやらないとね。 おみやげレベルじゃなくってさ。 かまわぬ謹製。 全部で5種あります。 こちらに小さいですが紹介されてます。