手ぬぐいのススメ

金沢 くるみ屋

去年の年末に、金沢に行きまして。 市内、東山茶屋街にあるくるみ屋さんというお店で、手ぬぐいをたくさん買いました。 このお店は、手ぬぐいを作っているわけではなく、言うなれば手ぬぐいのセレクトショップ。手ぬぐいだけじゃないんだけどね。 色別に分けて並べられた手ぬぐいの棚は圧巻です。 金沢らしいのを2つ。 上は、まさに金沢の、ここ、東山茶屋街の格子越しの風景を描いた(らしい)もの。 よく見ると、「京のて…

あひろ屋

オンライン手ぬぐい屋、あひろ屋さん。 柄はどれもオリジナルで、このオンラインショップでしか買えないものばかりです。 写真は、上は「鉄瓶」下は「海月」です。 上はプレゼントで頂いて、下は集めはじめた頃に自分で買ったんだな。 少ない色数、シンプルな柄、日本の模様で、ポップになりすぎず、かといって過剰に古くさいわけでもない、とてもきれいで現代的、使いやすい柄ばかりです。 (ちょっと高いかな?)

手ぬぐいの手入れ

私はこうやっています、ということですが。 基本的に、「ハンカチ」的な使い方をしています。 手を拭いたり、作業のときは首にかけたり、物を包んだり。 手ぬぐいの最大の特徴は、「すぐ乾く」ことです。 なので、汚れたらガンガン水洗いします。 そしてパンパンと数回叩いて、夏ならそこらに干しておけば、 ものの数分で乾きます。 乾かなくても、堅く絞ればOKです。 旅行のときはお風呂で身体を拭くのにも使えます。 …

東京国立博物館

持っている手ぬぐいで一番のお気に入りかもしれない。 東京上野、東京国立博物館のミュージアムショップオリジナルグッズです。 同館所蔵品の浮世絵、歌川国芳の「金魚づくし」がモチーフになっています。 他にも金魚づくしグッズがいろいろあるんだけど、手ぬぐい最高! あとは、鳥獣戯画やらはにわやら伝統文様やら、博物館らしい図柄がたくさんあってしかも安くて最高です。 晒の質も一番好きかも。やわらかいんだよね-。

梨園染 戸田屋商店

東京日本橋、明治5年創業の老舗、梨園染 戸田屋商店。 「手ぬぐいらしい手ぬぐい」です。 ここのも結構いろいろなところで売っているので、目にすることが多いです。 この3枚も全部違うところで買ったもんな。 ちなみに一番左の柄は「太陽光線」とのこと。