小幅木綿で作る服

毎日暑いですね。

暑すぎるので、ここ数年夏の着るものの基準が 涼しい>おしゃれ に変わってきました。

この夏は特に、手ぬぐい生地や小幅の生地で簡単に作れる服を作って、毎日そればっかり着ています。

NHKのあさイチで着ていたのは、SOU・SOUの生地を120cm×2種類買って作りました。

これです。

IMG_6307

最近のお気に入りは、左上の紺色のやつです。

パジャマには一番右の緑と縞のを着ています。

こうしてハンガーにかけるとペタンとしてイマイチな感じですが、着ると身体の立体感でいい感じになりますよ。

作り方は簡単で、首と腕の出るところを開けて、脇と真ん中を縫うだけです。

このアイディアは、手ぬぐい活用のオピニオンリーダーであるところの「てぬログ」ユミさんがやっていたのを応用して、もうこれ、涼しいからそれ用に生地買って作ろう…となったのです。

手ぬぐいだと高いと、3枚ないとできないので、量り売りの小幅木綿の安めのやつを買ってます。

私の身長(157cm)では、シャツとしてなら120cmがちょうどいいです。

今のところ、東京和晒で売っている赤坂紬や、ぬくもり工房の遠州綿紬がコスパがいいかと思っています。

赤坂紬は1反(約10m?)であの値段なので、結構いいと思う。

暑い国の人って、こういうふわっとしてあんまり露出しない服着てるじゃんね。

風通しが良くて、肌に密着しないで涼しんですよ。

夏が終わるまでにもう少し量産しようと思っています。

あと、いろいろ試した結果、ちょっと面倒ですが、下図のように身体に手ぬぐいを巻いておくと

汗を吸ってくれるので、これにこの四角衣を組み合わせて着てると、かなりいいと思います。

IMG_2486

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA